なにしよう。

アクセスカウンタ

zoom RSS 浴室乾燥・暖房・換気換気システムを自分で交換してみた。

<<   作成日時 : 2014/02/27 01:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

家を建てて9年とうとう、機器破損が発生!!

浴室乾燥・暖房・換気システムから異音が・・・・

ガリガリ・・・キュリキュリと

お風呂に落ち着いて入れない。
モーターベアリングの破損が原因なのだが、建築会社に確認してもらうと
案の定、ベアリング破損。
部品交換できれば安価で済むのだがメーカーに問い合わせてもらったところ
補修部品は無く、機器丸ごとの入れ替えになるとの事・・・

気になる金額は・・・
機器が8万円程度+メーカー出張費1.5万円+工賃で10万円超になるとの事

ベアリング破損だけで10万円は惜しい。

どうしたものか・・・

ということで、思い切って自分で交換することにしてみたw

まずは機器の選定だが、我が家の浴室はトステム製。

浴室乾燥はどうやらマックスというところらしい。
ネット背調べてみるとクオリティーはイマイチ、大手の商品に交換することを
前提にwebでレビューなどを見ながら検討。
デザイン・サイズから三菱に決めてみた。
三菱はどうやら本体とリモコンが別売りのようでAMAZONで探していると
セットで3.5万円程度で発見!!
ぽっとなw
三菱 バス乾燥・暖房・換気システム 本体+リモコンセット V-141BZ P-141SW

↓デザインはこんな感じw





ANEX ペンシル型LED検電ドライバー No.2036-L
兼古製作所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ANEX ペンシル型LED検電ドライバー No.2036-L の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


あと、電極を調べる必要があったので簡易な検電ドライバーを合わせて購入してみた。


〜〜数日後商品到着〜〜
画像

本体とリモコン2口で届きました。

早速開封

画像

リモコンは少しボタン多め。

画像

本体天井側はこんな感じピカピカですw

画像

シンプルなデザインが気に入りましたw

いよいよ施工。

画像

古い機器を取り外します。
天井裏はこんな感じ。ユニットバスなので結構簡単。

画像

天井から取り外すため、換気ダクトのテープを丁寧にはずします。

画像

天井から機器を取り外しました。がらーんとした感じ

画像

今回購入した機器は、破損したマックスに比べサイズがひとまわりサイズが大きい為、
ベースの枠を切り取ります。
自宅にあったグラインダーで切り取ったのですが、意外に温度に弱く切断したプラが
どろどろでくっついたのでカッターで切り取りその後、ヤスリで切断面を加工しました。
この作業が一番時間がかかりました。

画像

きれいに仕上がりました。がんばった甲斐が・・・

画像

サイズぴったり!!

画像

固定用の木枠を取り付けビスでとめます。

後は天井に戻すだけ

電源・アース・リモコンコード本体に取り付けた後天井へ・・・

画像

最後はダクトとの接続。
ダクトをはさみなどで切りそろえ、アルミテープでしっかりととめます。

画像

これで、天井作業完了。

画像

最後に、カバーを取り付け、試運転を行えば完了です。

総作業時間は2.5時間程度
枠のカット作業があったので思いのほか時間がかかってしまいましたが、同サイズの取り付けなら
1時間少々でできるのではないでしょうか。

※注意※
電気工事を伴いますので、電気工事は資格を持ったプロにお願いしましょう。
誤った施工を行うと火災や機器破損の原因となります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浴室乾燥・暖房・換気換気システムを自分で交換してみた。 なにしよう。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる